料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。

料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。

賃貸住宅の交渉をするときに知っておくと得をすること

出来るだけ条件の良い賃貸住宅に誰もが住みたいはずです。人によって住宅に求める基準というのは違いますが、それにしても立地条件が良くてなお家賃が安かったりすれば、それに越したことはないでしょう。それでは、どのように交渉をすれば、より良い条件で契約を結ぶことができるのでしょうか。

まずは相手を見て交渉をするようにしましょう。交渉の余地のない賃貸住宅というのもあるのです。それは新築のマンションだとか、入居者が耐えなくて予約者までいるような賃貸住宅だとか、そういったところと交渉をしても無駄骨に終わるのがオチです。交渉に応じなくとも人が来るので、交渉するだけ無駄なのです。それから、あまり突拍子のない交渉をしても意味がないでしょう。家賃を半額にしてくれなどどいうのは言い過ぎでしょうし、そういう交渉の仕方は相手に疑いを持たせることにもつながり、信用を損なってしまうこともあります。

上手な交渉の方法論としては、まずは借りることを前提で話すことです。あとこの部分を直してくれたら借りる、というような言い方をするように心がけましょう。それから利益に目がくらんで、大きなことを言ってはなりません。前述のように家賃半額だとか言わず、小さな部分を攻めるが定石です。あとひとつ付加価値をつけてくれたらという言い方をすると、飽いても折れやすいのです。

Copyright (C)2018料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。.All rights reserved.