料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。

料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。

初期費用無料の賃貸住宅は中身をしっかり見る

初期費用を抑える、確かにこれは、いわば部屋探しの命題と言ってもよいぐらいに、部屋探しの基本であり、それができればまた利益にもなります。しかし初期費用を抑えることばかりを考えていても、良い賃貸住宅に巡り合うことは難しいと言わざるを得ません。というのも、初期費用をおさている、あるいは初期費用を無料にしているという賃貸住宅は、往々にして、どこかに欠陥とまではいわないが、賃貸住宅としての価値があまり高くならない要素が潜んでいる可能性が高いのです。

賃貸住宅のオーナーはどうして初期費用を抑えるのでしょうか。そこを考えると事態は明瞭になってきます。初期費用というのは、敷金、礼金、仲介手数料、前家賃、火災保険料、鍵交換代金、などで構成されていますが、こうした料金を無料にすることは、オーナーにとって全くと言ってよいほど利益はありません。礼金については、これはまるまるオーナーの懐を潤すためにあるものなので、これを無料にしてしまうと、賃貸住宅のオーナーは貴重な収入源を捨てるということになります。これは別の言い方をすると、身を削ってまで入居者を集めたいということであり、つまりそうしたことをしないと人が集まらないということです。初期費用無料というと、とてもキャッチ―なことばですが、良く物件の内容を確認して、最終判断をするようにしましょう。

ピックアップ情報

Copyright (C)2018料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。.All rights reserved.