料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。

料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。

敷金のない賃貸物件とは

敷金のない賃貸物件というものも増えてきました。それは部屋探しをする者にとってみれば、好ましい状況なのかもしれませんが、しかし喜んでばかりはいられません。というのも、敷金というのは支払っておいてもあまり損はないからです。もちろん、初期費用を減らすことができればそれだけ住みやすくはなるでしょう。初期費用というのは、礼金や仲介手数料のことですが、場合によっては初期費用だけで家賃6か月分ほどもお金がかかってしまうこともあります。ですから、初期費用はできるだけ抑えて、部屋探しができればそれもよいことです。しかし礼金についてはいざ知らず、敷金に関しては、のちのちのために、最初に支払っておいた方が良いのかもしれないのです。

敷金というのは一種の担保金という性質を持ち、何かがあったというときのためにあらかじめ収めておくお金です。したがって、これは礼金のように大家の懐に入るお金でもないし、仲介手数料のように不動産会社の財布に入るお金でもありません。すなわち、入居者に万一のことがあった時のために徴収しておくべきお金であり、したがって、その用途ももっぱら入居者の不利益に対処するためのお金なのです。だからこそ、最初に支払っておく方が安心なのです。

ピックアップ情報

  • ミュゼについてはこちらのサイトがオススメ。

Copyright (C)2018料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。.All rights reserved.