料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。

料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。

賃貸物件の内見後に、改めて断る

賃貸物件を探している時に、困ってしまうのが内見までして断りたいと思った時です。不動産会社の方が物件の良い点を内見まで行くとさらにアピールしてきたり説明もしてくれますが、どんなに良さげに思う物件でも、自分の探している物件ではないと思う時があるのです。不動産会社としては、物件を借りてもらうというのを仕事としているので、営業をしてきますが、遠慮をせずに断ってみるのも良いのです。断りやすい言い訳は、内見後に家族や恋人に相談をしてからまた連絡しますと言ってみると、その場で断りづらい時の言い訳となります。不動産会社の人を目の前には断りづらいので、一度どの場から離れてみて連絡すると断りやすいです。ただし、面倒がらずに、後日電話やメールで断りを入れておかないと不動産会社から連絡が何度も来てしまうので忘れない様にした方が良いです。

賃貸物件を借りるためには、インターネットなどで物件を探しても、不動産会社物件を探しても、借りる為には内見を行わない事には契約が進まないのです。断りづらい雰囲気になってしまうので、気になる物件があるけど内見を申し込めない、そんな時には、あらかじめ断りの言葉も考えておき、流れで契約してしまわない様に自分の意思をきちんと伝えられる様にしておきたいものです。

Copyright (C)2018料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。.All rights reserved.