料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。

料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。

賃貸契約の更新と家賃交渉

賃貸契約の更新と家賃交渉はセットで考えると良いです。賃貸住宅はだいたい2年契約なので、2年ごとに契約の更新をするかどうかを決めなければなりません。それは引越しの契機でもあり、契約の更新時に引越しをする人も多いです。

更新というのは、その意思の決定をするのは賃借人だけです。だから賃貸人がいくら退去してほしくない、あるいは逆に退去してほしかったとしても、そうした意向を賃借人は汲む必要はありません。賃貸生活の態度が良かったりすれば、しかし賃貸人というのは退去してほしくないと考える者です。退去されると、部屋は空室となり、家賃収入が得られなくなってしまうばかりか、退去後の部屋の掃除、修繕、クリーニング、新しい入居者探しなど、非常に面倒なことが増えます。だからできることなら退去をしてほしくないというのが、更新じの賃貸人の心情なのです。まさにそこに、家賃交渉の余地があるのです。

賃貸人はとにかく退去してほしくありません。だから多少の交渉であれば応じてくれる可能性が高いのです。特に長いあいだ住んでいれば、周辺の家賃相場にも変動が見られるようになってきます。相場に比べて高い家賃で暮らしていることもよくあるのです。更新時は家賃交渉のチャンスであり、それを逃す手はないのです。

Copyright (C)2018料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。.All rights reserved.