料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。

料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。

経年変化と賃貸住宅について

住宅というのは、特別な修繕などをしなければ、どんどん老朽化していくものです。それは賃貸住宅であっても変わることはありませんが、マイホームなどと違って賃貸住宅は、賃借人と賃貸人との関係という、難しい問題が介入してきます。この問題が顕在化するのは、賃借人が部屋を退去するときですが、その時どのように修繕の責任を分割するかが、賃貸住宅に起こるさまざまな問題の中でもいちばん厄介なところなのです。

修繕の責任の分割を取り決めるのは、賃借人と賃貸人です。つまり両者の話し合いによってそれは決まります。賃貸人は、いわば賃貸住宅の専門家でもありますから(素人という場合もありますが)、いろいろなことを知っている可能性が高いです。賃借人も、だからしっかりと理論武装をして、対抗できるようにしておかなければなりません。

そこでまず経年変化について知っておくと良いでしょう。経年変化というのは、時を重ねることによる変化のことであり、これを賃貸住宅に当てはめると、いわば賃借人の責任にはならない住宅の毀損のことになります。経年変化とは、いわば時間による建物の老朽化であり、時間に責任転嫁ができる建物の老朽化のことです。ですから、その経年変化による建物の老朽化は賃借人の責任にはならないということなのです。

ピックアップ情報

Copyright (C)2018料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。.All rights reserved.