料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。

料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。

賃貸住宅と経過年数の関係

長く住めば住むほど、住宅というのは汚れていくものです。それはどんなに注意をして暮していても、いわば不可抗力的に住宅というのは汚れてしまうものです。しかし賃貸住宅というのは、部屋を貸してもらっているのであり、したがって他人の所有物を汚してしまうということになるのです。一般的な考え方をすれば、人のものを汚す、あるいは傷つける、あるいは壊すなどしてしまえば、弁償をするのが当然でしょう。自分の責任においてそういうことをしてしまったのであれば、弁償をするのが当然です。しかし賃貸住宅というのは、一般的な事例とはちょっと毛色が違うのです。

賃貸住宅というのは、前述のとおり、長く住んだら済んだだけ必然的に汚れてしまうものです。つまり不可抗力であって、こうした不可抗力の要素にまで責任を追及するのは、やり過ぎなのではないかという考え方があるのです。それが経過年数というものです。経過年数というのは、文字通り過ぎ去った時間、過ぎ去った年数のことであり、これが長ければ長いほどに、賃貸住宅というのは賃借人の責任も薄まっていくと考えるのが妥当なのです。人のものを汚したらきれいにして返すべきですが、賃貸住宅の場合、そういう常識は外して考えるべきなのです。

Copyright (C)2018料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。.All rights reserved.