料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。

料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。

賃貸物件の値引き交渉のタイミングと注意点

賃貸物件を契約する際には家賃交渉を忘れてはいけません。この交渉では2千円程度の交渉が妥当ですが、それだけでも一年で計算すれば24000円も変わります。出来るだけ交渉をすることが大切です。ただし、家賃交渉が出来る場合と出来ない場合があります。

家賃交渉が出来ない物件は新築物件です。これは、人気の物件ですぐに入居者が埋まるからであり、家賃を下げる必要性がないからです。また、1月から3月の繁忙期もすぐに入居者で埋まるので家賃交渉は失敗します。狙い目は4月以降です。特に4月注意に入居者が決まらない場合は、翌年まで空室の場合がほとんどであるので、管理者も焦っており家賃交渉に成功しやすいです。家賃交渉は不動産会社の担当者が行うので、担当者とは仲良くしておくことが大切です。無茶な要求や横暴な態度をとってしまうと、家賃交渉をしてくれないどころか物件の紹介すらしてもらえません。これは、物件に住んでから住民同士でトラブルを起す可能性があると考えられるので、そういった人物を管理者に紹介するわけにはいかないからです。値引き交渉は家賃までに留めておきます。特に礼金の家賃交渉は持ちかけることも避けることが大切です。

ピックアップ情報

Copyright (C)2018料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。.All rights reserved.