料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。

料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。

賃貸物件の内見は物件全体を見る

賃貸物件の内見では、つい自分が住む部屋だけを見てしまいがちです。これは実際に済んだ時にあらゆる不便を強いられる結果となります。賃貸物件の内見では、必ずその建物全体を見て住みやすい物件か確認することが大切です。

まず、階段を見ます。階段の電球が切れてないかということや、破損が酷いことはないか確認します。築10年以上経過している物件は修繕工事の余地があります。大きな破損を修繕せずにそのままにしている物件は、管理者に問題があるので注意が必要です。また、エレベーターについても調べます。同じく電球について調べます。また、外部から見えない死角になっているかを確認します。死角になっていない場合は、自分が何階に住んでいるのか知られてしまう危険性があります。そして、駐車場と駐輪場を見ます。駐輪場は無料で利用出来る場合もありますが、この場合は空きがあればということなので、契約後に借りることが出来るか調べます。また、関係者以外の自転車が置いてあって、撤去もされていない場合は管理者に問題があります。駐車場は車の止め方や、車上荒らしに合わないか確認します。外から見えない位置の駐車場は車上荒らしに遭いやすいので注意が必要です。

Copyright (C)2018料理デビューしやすい賃貸選びも大切です。.All rights reserved.